会計ソフトってそんなにいいの?

操作は難しくないの?

会計ソフトは、毎日の会社のお金の動きを記録する帳簿入力、帳簿を元にした財務諸表の作成や、税務申告をに必要な書類の作成が出来るソフトです。入力したデータを元に、会社の経営状態が分かります。
手書きに比べて操作が難しいのではないかと思われますが、企業によって使われる勘定科目や仕訳はだいたい似たようなものですし、現金や預金ごとの出納帳形式で入力できるものの場合は、費用や収益などの相手科目に着目して、お小遣い帳感覚で入力できますので、初心者の方でも操作しやすいと考えられます。よく使う仕訳はあらかじめ登録出来るものもありますし、勘定科目を選ぶために、リスト形式に表示された中から合致する科目を選ぶだけで、仕訳が出来るようになっているソフトも見られます。
一番のメリットは、煩雑な作業が減り、ミスを少なくさせることです。手書きでは計算機で合致するまで検算しないといけないですし、元帳に転記する必要があり、どうしても行程ごとのミスが多くなりがちです。会計ソフトの場合は、1回データを入れれば、自動計算や科目ごとに自動集計ができるために、計算のし直しや転記などの面倒な作業を可能な限り省くことが可能になります。

帳簿や書類を作り方や見方が難しいのでは?

帳簿は、伝票形式でも、出納帳形式でも好きな形で入力できますし、書類を作成するには、総勘定元帳や補助元帳等を形式を指定すれば、会計ソフト側で勝手に集計して印刷してくれますので、何の心配もありません。財務諸表についても、該当する期間を指定すれば、自動的に集計し、印刷も出来ますし、画面で閲覧することも可能です。
会社の経営状態を知るのに必要な財務諸表の見方が分からない場合は、数値をグラフ化できる機能が付いているソフトもあります。月ごとに比較して、どれだけ利益が出ているか、どの取引相手の売り上げが多かったのかも、グラフや表で視覚的に分かりやすくレポートが作成できるようになっていますので、慣れないうちは財務諸表を見ながらレポートを見て、判断していくといいでしょう。顧問報酬がかかりますが、どうしても難しい場合は、会計ソフトのメーカーが提携している最寄りの税理士事務所を紹介するサービスを提供していることがあります。